Life-diary

株式会社ライフイノベーションのブログです。

#あてなるもの

「枕草子」にこんな一節があります。

 

「あてなるもの、うす色に白がさねの汗袗(かざみ)。かりのこ。削った氷にあまずら入れて、あたらしき金鋺に入れたる。水晶の数珠。藤の花。梅の花に雪の降りかかりたる。いみじううつくしきちごの、いちごなど食ひたる。」

(現代語訳:上品で美しいものといえば、薄紫の下着に合わせる汗取りの衣。カルガモの卵。削った氷に甘茶をかけて、ぴかぴかの金のお椀に入れたもの。水晶の数珠。藤の花。梅の花にふりかかった雪。かわいい小さい子どもが、いちごを食べる様子。)

 

今ではすっかり夏の風物詩となったかき氷ですが、平安時代では、非常に希少価値の高い氷を小刀で削るもので特権階級しか口にできないようなもの=「あてなるもの(上品なもの)」とされていたそうです。

 

さて去る5月17日、当社が運営するLavy’s Caféで、当日限り30食限定で特別なかき氷、「いちごミルフィーユ氷」を堪能していただくイベントを開催しました。

 

今回販売した「いちごミルフィーユ氷」はこちら!

※いちごミルフィーユ氷(5/17限定30食) 税込1,320円 / 開始30分で予約完売

 

清少納言がZ世代なら間違いなく、インスタ「#あてなるもの」で即アップするようなこのスイーツ氷は、『ともちゃんのスイーツ氷Misuzu』さんの「手に成るもの」です。

 

今回のキーワード、実は…「いちご」。

武庫川女子大学教育学部の酒井ゼミの皆さんが教育館屋上で手塩に掛けて栽培の「鳴尾いちご」。当日収穫していただいた新鮮な鳴尾いちごを使用させていただきました。

店内は終始甘い香りに包まれて、美味しいの声と笑顔に溢れていました。

 

スイーツ氷の完成度は高く大好評で、お客様からも「またやってほしい!」というお声をたくさん頂戴しました。早速、ともちゃんと次回以降の企画の打合せを行っていますので、今回食べられなかったという方や、ご興味を持っていただいた方にも、是非「あてなるもの」を体験していただけると幸いです。

 

「いみじううつくしきちごの、いちごなど食ひたる」の図を1枚。

 

今回のイベントの様子は、NHK神戸様にも密着取材をしていただきました。

その様子が5月20日(金)に放送されますので、こちらもぜひご覧ください!

NHK神戸「Live Loveひょうご」

www.nhk.jp

放送日時:2022年5月20日(金) 18:30~19:00

 

👇見逃した方はこちらの配信をご視聴ください🍓

www.nhk.or.jp

 

 

ともちゃんのスイーツ氷Misuzu

tol-app.jp

Instagram:https://www.instagram.com/misuzu.kakigori/

 

 

今回の企画は、4月の「まあいいかcafé」に続く第2弾。

Lavy’s Caféでは、今後もこのようなイベントを通して、地域共創プロジェクトの情報を発信し、あらゆる世代の皆様のプラットフォームとして地域活性化に取り組んでいきたいと思っています。

Lavy’s Caféの営業時間や最新のイベント情報などはインスタフォローでチェック!

Instagram:https://www.instagram.com/lavyscafe_naruo/?hl=ja