Life-diary

株式会社ライフイノベーションのブログです。

MUKUマルシェ ー 「わたしたちのフィランソロピー2022」in 淡路

去る8月10日、猛暑日。当社代表と6人で淡路市岩屋へ向かいました。

目的は、「MUKUマルシェ」のグランドオープンイベントへの参加。

農業で障害を持った方々の仕事をつくる店舗が誕生したお祝いに駆けつけました。

20220815朝刊「神戸新聞」

 

真面目な話を少し…。

 

「企業(会社)は社会の公器」とは、経営の神様、松下幸之助翁の言葉として有名ですが、代表は設立当初から、事業用不動産に特化した会社だからこその視点でもって、次世代を担う責任あるひとりとして、社会や環境の変化を深く注意深く観察し、会社の存在意義を確認し「社会の公器」としてあるべき姿を追求したいという思いを持っており、会社の皆もその思いを共有し実践したいと考えています。

 

当社では、2010年から「わたしたちのフィランソロピー」と銘打って、さまざまな心寄り添うべき機会に、義捐金など総額43,557,487円(令和4年3月31日現在)の寄付を行ってきました。額面ではなく、私たちのような社歴の浅い会社であっても、法人格を有する以上、社会に対して矜持を持って向き合う姿勢をカタチにしたい、そんな思いからでした。

LIFE INNOVATION 株式会社ライフイノベーション (life-i.com)

 

設立20周年目の今年度は、「インクルーシブな社会・包み込む社会を目指して」をテーマとするイベント開催や、テーマに添って「賛同できる取組み」への応援にも注力しています。

第1弾として、認知症の認知度向上のための情報発信のための「まあいいかcafe」のプレイベントを4月に開催しました。こちらは、世界アルツハイマーデー月間中の9月17日、近郊野菜販売のマルシェと同日開催で企画しています。

今回は、その第2弾として「障がい者」と「農業」の問題への理解を深めるための取り組み、特定非営利活動法人MUKUがチャレンジしたクラウドファンディングに応援させていただいたという次第。

muku.or.jp

 

それでは、「MUKUマルシェ」当日の様子をご紹介します。

広さ約50平方メートルの店舗には、市内の耕作放棄地5700平方メートルで収穫されるサツマイモやカボチャ、自家製はちみつ保湿クリームなどが販売されているショップと、すいかやパイナップルなどの果物を大量に煮詰めて作った自家製シロップをかけたかき氷や、採れたて野菜を使ったスープやお弁当なども販売しているカフェとが併設されています。


野菜の売り場には、プレミアムサポーターとして、当社ロゴマークが入った無垢のプレートが飾られていました!

農園で収穫された野菜もたくさん買って、MUKU関係の皆さんのとびっきりの笑顔に癒された、とても暑くも、とても熱い一日でした。

最後に、

沢山の想いが詰まったこの場所が今後ますます発展していきますよう心から願っています。

 

 

Lavy’s Café × 食物栄養学科

 当社が運営するLavy’s Caféと武庫川女子大学 食物栄養科学部 食物栄養学科との協働プロジェクトとして取り組んだ「Lavy’s Caféのメニュー紹介冊子」が遂に完成しました。

 

 80名の学生さんに16種類のフードメニューやパンケーキメニューを実際に試食頂き、素材の栄養的効能はもちろんのこと、素材やメニューにまつわる様々なエピソード、学生さん目線の食レポ的要素、メニュー毎に異なる紙面構成やデザイン、大変見応えのある内容になっています。

 

 このプロジェクトは、武庫川女子大学の社会連携推進室が実施する事業に位置づけられており、SDGs4カテゴリーを掲げ『地域貢献を通じた管理栄養士・栄養士としてのコンピテンシー獲得のための養成カリキュラムの提案』を目的としています。

 人生100年時代、食を通じた地域活性やまちづくりの活動が管理栄養士の育成や活躍の機会に繋がっているのだと感じます。

 

 このメニュー紹介冊子は、部数限定にはなりますが現在Lavy’s Caféにご来店のお客様に配布中で大変ご好評頂いています!

 

 

NEWS 2022.6.4(武庫川女子大学 教育研究社会連携推進室)

Lavy’s Cafeと食物栄養学科メニュー紹介冊子を発行しました|NEWS|武庫川女子大学 教育研究社会連携推進室 (mukogawa-u.ac.jp)

 

2022 社会連携活動の紹介(武庫川女子大学 教育研究社会連携推進室)

地域貢献を通じた管理栄養士・栄養士としてのコンピテンシー獲得のための養成カリキュラムの提案|NEWS|武庫川女子大学 教育研究社会連携推進室 (mukogawa-u.ac.jp)

 

 

かきごおり

「かき氷」 は漢字で 「欠き氷」 と書くそうです。

氷を削っているのでどちらかと言えば「掻き氷」、

もしくは「夏季氷」ではないかと思って調べてみましたが、やっぱり違うみたいです。

 

どうも氷を「掻いて食べる」ようになったのは削氷機が発明された明治時代あたりとのことで、元々は自然にある「氷の欠けた部分を口にした」事から「欠き氷」の発端との事です。

確かによく考えてみると、清少納言が食べたあの「削り氷」も勝手に今のかき氷をイメージしていましたが、小刀で削っているので実際は「氷の破片の山」であり、「氷が欠けたもの=欠き氷」となるのは合点がいきますね。

 

現在では、専ら、「かき氷」と記されていますが、ふわっと口溶けの良さを「ひらがな」がうまく表現しているように思えて、そういうところなどは日本語ならではだなと感じます。

 

さて、先月当社運営のLavy's Caféにて30食限定で提供した「いちごミルフィーユ氷」と題した「かき氷」は、「欠き氷」から驚くべき進化を遂げた「スイーツ氷」と称される新ジャンルのものですが、なんと・・・

シリーズ化しましたっ!

 

イベント終了後、「またやってほしい」という声が大変多く寄せられ、カフェ事業部もご期待に応えたいと、Misuzu様と打合せを重ね、夏季限定の月1ペース(8月は2回)で開催することが決定致しました!!!!日付は下記のとおりです。

 

6月21日(火):【薄紅 usubeni】~ライチと桃と生パイン~

7月12日(火):【萌黄 moegi】 ~メロンとマンゴー~

8月9日 (火):【黄檗 kihada】~ブルーベリーの花の蜂蜜とレモン~

8月30日(火):【葵 aoi】  ~大人なぶどう~

9月21日(水):【柴染 fushizome】 ~カフェラテ系かき氷~

 

今回も1日30食限定のみとなります。

その日しか食べられない氷スイーツ、ご予約は欠かさずに!

 

 

Lavy’s Caféの営業時間や最新のイベント情報などはインスタフォローでチェック!

Instagram:https://www.instagram.com/lavyscafe_naruo/?hl=ja

 

 

 

ロゴマークの秘密

当社取り組みの加西市北条町高室の商業施設の施設名『エルズモール加西』の名称ならびにロゴマークにつき、それぞれの商標登録の申請が先日無事受理されました。

 

平成29年(2017年)12月、当該地における商業施設立地事業者募集(公募プロポーザル)への参画時に捻りだした(!)施設名称なので、とりわけプレゼンしたメンバーにとっては、感慨一入なようです。

 

まずは、名称からご説明。LIFE INNOVATIONの頭文字「L(エル)」であることはお気づきのとおり、ライフイノベーションが「買える」「会える」「集える」「笑える」がたくさん集まるプラットフォームを創出しますの意気込みを込めてみたものです。

 

次にロゴマーク。エルズモールの『L』をモチーフにしているのはもう皆さんお気づきかと思いますが、もう1つ仕掛けがあります、おわかりですか??

 

実は!

ロゴマークを180度くるりと回転させると、加西の『か』になるんです!!

私は初めて知った時、思わずめまいが…、いえ、感嘆の声を上げてしまいました(笑)

ライフイノベーションのコーポレートカラーのブルーと心穏やかな日常を表すライトグリーンを使用し、さまざまな想いをギュッと詰め込んでみたら…こうなりました。

『エルズモール加西』の出入口に設置の2基の集合看板には、こんな裏話があることをお伝えしたくて今日はブログにしてみました。

As of 2022.6.3

 

私、こちらの看板デザインの制作に関ってきておりまして、オフィス内でずっとPC画面とにらめっこし細かい調整を行ってきたという感覚があったせいか、現地視察の際に実物を見てただただ唖然とするばかりでした。高さ10m(西側は8m)の集合看板ですから当然と言えば当然ですけれど。施設の顔となる集合看板、考えてみれば、地域の皆様には毎日の景色にしてしまうお仕事だったことを再確認、なんだかとても誇らしく思えます。

 

基調となる黒はN-10のつや消しを選定、てっぺんの「ロゴ+施設名称」は箱文字を使用、定礎のように当社ロゴもP(駐車場)マークの下側に取り付け完了。お近くにお立ち寄りの際には、是非「集合看板」をお見逃しなく。

 

 

   

 

#あてなるもの

「枕草子」にこんな一節があります。

 

「あてなるもの、うす色に白がさねの汗袗(かざみ)。かりのこ。削った氷にあまずら入れて、あたらしき金鋺に入れたる。水晶の数珠。藤の花。梅の花に雪の降りかかりたる。いみじううつくしきちごの、いちごなど食ひたる。」

(現代語訳:上品で美しいものといえば、薄紫の下着に合わせる汗取りの衣。カルガモの卵。削った氷に甘茶をかけて、ぴかぴかの金のお椀に入れたもの。水晶の数珠。藤の花。梅の花にふりかかった雪。かわいい小さい子どもが、いちごを食べる様子。)

 

今ではすっかり夏の風物詩となったかき氷ですが、平安時代では、非常に希少価値の高い氷を小刀で削るもので特権階級しか口にできないようなもの=「あてなるもの(上品なもの)」とされていたそうです。

 

さて去る5月17日、当社が運営するLavy’s Caféで、当日限り30食限定で特別なかき氷、「いちごミルフィーユ氷」を堪能していただくイベントを開催しました。

 

今回販売した「いちごミルフィーユ氷」はこちら!

※いちごミルフィーユ氷(5/17限定30食) 税込1,320円 / 開始30分で予約完売

 

清少納言がZ世代なら間違いなく、インスタ「#あてなるもの」で即アップするようなこのスイーツ氷は、『ともちゃんのスイーツ氷Misuzu』さんの「手に成るもの」です。

 

今回のキーワード、実は…「いちご」。

武庫川女子大学教育学部の酒井ゼミの皆さんが教育館屋上で手塩に掛けて栽培の「鳴尾いちご」。当日収穫していただいた新鮮な鳴尾いちごを使用させていただきました。

店内は終始甘い香りに包まれて、美味しいの声と笑顔に溢れていました。

 

スイーツ氷の完成度は高く大好評で、お客様からも「またやってほしい!」というお声をたくさん頂戴しました。早速、ともちゃんと次回以降の企画の打合せを行っていますので、今回食べられなかったという方や、ご興味を持っていただいた方にも、是非「あてなるもの」を体験していただけると幸いです。

 

「いみじううつくしきちごの、いちごなど食ひたる」の図を1枚。

 

今回のイベントの様子は、NHK神戸様にも密着取材をしていただきました。

その様子が5月20日(金)に放送されますので、こちらもぜひご覧ください!

NHK神戸「Live Loveひょうご」

www.nhk.jp

放送日時:2022年5月20日(金) 18:30~19:00

 

👇見逃した方はこちらの配信をご視聴ください🍓

www.nhk.or.jp

 

 

ともちゃんのスイーツ氷Misuzu

tol-app.jp

Instagram:https://www.instagram.com/misuzu.kakigori/

 

 

今回の企画は、4月の「まあいいかcafé」に続く第2弾。

Lavy’s Caféでは、今後もこのようなイベントを通して、地域共創プロジェクトの情報を発信し、あらゆる世代の皆様のプラットフォームとして地域活性化に取り組んでいきたいと思っています。

Lavy’s Caféの営業時間や最新のイベント情報などはインスタフォローでチェック!

Instagram:https://www.instagram.com/lavyscafe_naruo/?hl=ja

 

 

 

   

 

『まぁ、いいか』

 2022年4月8日更新のブログ記事:『鳴尾ふれあいイベント2022』・『まあいいかcafe』同日開催のお知らせにてご案内のとおり、去る4月16日(土)、当社運営の「Lavy’s Café」にて『まあいいかcafe』を開催いたしました。

 当社フィランソロピーのテーマは「インクルーシブな社会・包み込む社会を目指して」としているところですが、今回の『まあいいかcafe』では、認知症を抱える方々が「働くこと」を通して「人と接する」「社会と繋がる」を感じ、周りが皆「まちがえちゃっても、“まぁいいか”」という温かな心で受容れ合う、を目的としているものです。

 

 この日は、認知症症状をお持ちの方2名に”キャスト”として、お客様にドリンクやお料理の注文取り、そしてご提供まで担って頂きました。

 時には注文をまちがえることもあります。

 それでも「まぁいいか」と、その空間にいる人たちが皆、まちがえることを一緒に楽しむという不思議な時間を過ごすことができました。

 

 そして、世界アルツハイマー月間である9月の17日(土)にも、Lavy’s Caféにて『まあいいかcafe』を開催いたします。

 ぜひ一度、普段とは違うLavy’s Caféを体験してみてください。

 

 

『鳴尾ふれあいイベント2022』・『まあいいかcafe』同日開催のお知らせ

 駅名の変更や日本初の高架下キャンパス「武庫女ステーションキャンパス」も誕生し、新しくなった”鳴尾”。

 そんな鳴尾エリアでこの度、当社も構成員である鳴尾エリアマネジメント連絡会主催のイベント「鳴尾ふれあいイベント2022」を開催いたします。

f:id:life-i:20220408181835j:plain

日程:2022年4月16日(土)(パネル展:4月8日(金)~17日(日))

場所:鳴尾・武庫川女子大前駅 周辺エリア(武庫女ステーションキャンパス・駅前公園他)

実施内容:

■パネル展~鳴尾の過去、現在、未来~

生まれ変わった駅周辺や、鳴尾エリアを元気にするための取組みについてご紹介します。

これまでとこれからの鳴尾のまちをご覧いただけます。

■『未来の鳴尾アートイベント』(制作期間:4/2・4/3)

“未来の鳴尾の街”を想像してジオラマアートで制作しました。

地域の子供たちのかわいくてユニークな作品をお楽しみください。

同時開催の『パネル展~鳴尾の過去、現在、未来~』にて展示し、制作風景の動画もご覧いただけます。

■駅前フェス-canvas-

武庫川女子大生たちが本気のパフォーマンスを披露します。

書道、ダンス、和洋音楽の演奏などなど、ぜひ駅前公園内のステージにお立ち寄りください。

大人気キャラクターの着ぐるみも出演予定です。

■魅力再発見!まち歩きイベント

まちを歩きながらもっと鳴尾を知ることができる楽しいお子さま向けのイベントです。

2つのコースを用意しており、クイズやプログラムを体験し、ゴールでは参加賞がもらえます。

当日までご予約を受け付けておりますのでコチラからぜひお申込みください。

 

 本イベントは、武庫川女子大学をはじめ、学生たちが中心となって企画・立案、イベント開催実現まで、試行錯誤を繰り返しながら作り上げてきました。そしていよいよ形になり、皆さんに披露できる日がやって参りました。

 ぜひこの機会に“鳴尾エリア”を存分に楽しんでいただけたらと思います。

 

 そしてさらに…

 4月16日(土)、当社運営の「Lavy’s Café」(武庫女ステーションキャンパス内)にて、インクルーシブな社会・包み込む社会を目指して、認知症の人が接客や配膳を担う『まあいいかcafe』を、「まあいいかlabo京都」の協力のもと時間限定(14:00~16:00)で開催します。

 『まあいいかcafe』とは、認知症の方たちが「働くこと」で「人と接する・社会と繋がる」を感じ、そこにいる人たちが皆「間違えること」を受容れ、一緒に楽しむ不思議な空間のカフェです。

 春ののどかな昼下がり、いつもと少しちがったLavy’s Caféをお楽しみください。

f:id:life-i:20220408182313j:plain

 

f:id:life-i:20180831105539j:plain